楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸申し込みの際、気をつけましょう。

音楽が好きで楽器を演奏するのが好きな方は、たくさんいると思います。練習する時間と場所が、どうしても限られてきます。また音を気にせず練習したりするには、レンタルブースのようなところを借りるという金銭的な面も考えないといけなくなってきます。一番効率がいいのが、居住空間で気持ちよく楽器を演奏できることが考えられます。

賃貸で住居を探すとなると、楽器可の物件がないかどうかというのが重要なキーワードとなってきます。不動産屋のホームページなどで物件を調べていく際、まず検索ワードで確認します。すると大体2割程度しか「楽器可」と表記された物件がありません。さらに詳細を見ていくと、全体の相場よりも家賃が高かったり、敷金が1ヶ月から2ヶ月分多く必要となるケースがほとんどです。貸す側から考えると当然のことで、近隣に迷惑がかかっても困るとの見方があるでしょう。ただ、双方が理解・納得すれば大丈夫です。

「楽器可物件」を選ぶ際注意することは、賃貸の場合は数が限られてくるため、他の条件に少々目をつぶる必要があるということ。金銭面で通常借りるよりも高いお金が必要となることです。これらの条件をクリアして、好きな楽器で楽しむことが出来るなら、いろんな面でプラスになると考えます。

■注目の情報