楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸でのいろいろな楽器可物件

楽器などやオーディオなどをヘッドホン無しで使いたいような場合には、防音ということを確認してから、賃貸物件を探したりして引っ越しをしないと、あとで苦情が来たりして困ることになります。楽器可の物件と言ってもいろいろな条件があり、防音でも程度の違いもありますので、その言葉だけを自分なりに解釈してしまうと、イメージと違っていたということも起こります。またオーナーの感覚もありますので、オーナーがどの程度の音を予想しているのかも考えないといけないのではないかと思います。その点も賃貸仲介業者の担当者とよく相談しておくことは必要です。また音楽学校の近くなどでは、そこの学生を入居対象にしていれば、他の物件よりは防音の対処がされている可能性があるのではないかと予想できます。そこを狙う手もあります。

そのように環境次第で、楽器を演奏したり、防音設備の中で音楽を聞けたりする賃貸物件もあります。ただし低音の響くアンプなどやエレキギターなどは、音というよりも振動が激しくなるので、防音以外の迷惑がかかるということで、基本的には、使用するのは難しいのではないかということになっているようですが、それでも大丈夫だという住まいもありますので、やはり仲介業者の担当者などに相談してみるのが基本になると思います。