楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸住宅と楽器可の程度

賃貸物件での楽器可でもいろいろな種類があります。賃貸住宅の構造により、それは当然でしょうが、そのことを知っておくと参考になります。また楽器などを利用しない場合に、楽器可の物件に入居するとどのようなことになるかということも理解しておけるのではないかと思います。その楽器可の条件次第で、他の部屋にどのくらい影響が出るかもわかるからです。構造上ほとんど防音設備がないような場合もあるかもしれません。使わない人が入居する場合も確認は重要です。賃貸情報誌やインターネットを見ると、例えば楽器防音物件とか楽器遮音物件、楽器相談物件、それに楽器可の物件などと書いてある場合がありますが、全て条件が違うからこそ、そのように書いてあるのだと思います。楽器防音物件とは24時間楽器を演奏しても大丈夫な作りになっている物件の場合を指すようです。

音楽家を目指すとか等の場合にはこのような物件がおすすめだということになりますが、当然それ相応の家賃になりますし、夜中まで激しい音を出していれば苦情が来る物件もあるということは注意が必要です。やはり常識的な感覚は必要になります。楽器遮音物件はお互いに聞こえるからいいでしょうという感じの物件で、一応遮断はできるけれど、ということで時間を区切る場合がほとんどです。相談などは楽器可と同じような感じになります。相談だけというところもあるようです。

■注目の情報