楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可能賃貸の落とし穴

賃貸で、楽器可能の物件に入る場合、気をつけなければいけない点があります。それは、楽器可能と言いながら、消音機能を楽器に取り付けて演奏する場合に限って可という物件があるからです。こういうところは、防音設備が十分ではなく、中にはふつうの物件と変わらないようなところもあります。その場合は、昼間であっても音を出すことはできません。それでは、楽器可能物件とは言わないんじゃないかと思われますが、実際のところ、楽器を演奏する環境は厳しいということです。

では、そのような消音でのみ楽器演奏可能な物件に入る際にしておきたいことは何でしょうか?それは、消音で楽器演奏をすると必ず大家の許可を得ておくということです。周りからもし苦情があった場合、入居者が不利にならないために大切なプロセスです。大家がOKしたのであれば、入居者に非はありません。しかし、消音ではない環境で演奏したい時もあるでしょう。その場合は、貸しスタジオなどでリハーサルをするといいでしょう。やはり、消音ばかりでは練習になりませんからね。楽器をやっていれば、できれば、コンサート本番前などには、思いっきり楽器の音を出して練習したい時もあるというものです。