楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸は防音と限らない

音楽でプロを目指す方の多くは「家でも楽器を演奏できる物件」を好んで選ぶことと思います。しかし、良く不動産屋さんで言われている「楽器可物件」を借りる際には十分に注意しなければならないことがあります。それは「楽器可物件であっても、防音加工をされているとは限らない」と言うことです。

このような物件は即ち「普通の部屋だけれども、楽器をお互い演奏しても構わない」と言う気持ちを持った人たち人が集まった住宅のことを楽器可物件と呼んでいる場合があるということです。勿論防音処理がしっかりと施された賃貸住宅も多いのですが、そのような物件は当然家賃も高くなってしまいます。その為、あらかじめ借りる際には「部屋に防音処理を施されているのか」に関しては十分に調べておくと良いと思います。

しかし、基本的に楽器可物件の定義は「ピアノを演奏できるか否か」で決まっていることが多いです。その為、トランペットなどの金管楽器や、バイオリンなどの大きな音が出る弦楽器、エレキギターをはじめとした電子楽器に関しては近隣住民から苦情が出てしまう可能性がかなり高いです。その為、そのような楽器を室内で演奏した方は防音がしっかり行われている部屋を借りるようにすると良いと思います。