楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸物件の楽器可での楽器の種類

賃貸物件での楽器可と言っても、その楽器によりイメージが違います。例えば楽器可の所有者の賃貸物件で確認しなければならないことは、その賃貸物件のオーナーが、音楽のことをどこまで知っているかということの確認から始めないと考え方の違いで、後で困ることもあります。例えば楽器というとピアノぐらいのイメージしかない場合に、弦楽器とか管楽器とか、打楽器、声楽などやエレキギターやシンセサイザーなど、様々なものがあり、音楽に感心がないオーナーが、そのような違いを認識して、楽器可という条件を出しているかということだと思います。案外、たいしたことはないだろう、常識的な音だろうという感じだけで、楽器可とか楽器相談とかの項目を載せている場合もあるようです。

そうなるとピアノでさえ、演奏しているだけですぐに苦情が来る場合もあります。まして弦楽器から管楽器や声楽、アンプ付きの楽器などは、とても難しいということになります。もちろん入居者確保のために、そのような条件を付けている賃貸住宅もありますので、まずは具体的な楽器の確認ということになります。また今の部屋の状況などを写真に撮っておいて、何枚かを見せながら、こんな状況ですと知らせてあげると、相手も理解しやすいのではないかと思います。予測がつくからです。

■注目の情報