楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器演奏可の賃貸物件を探す際、気を付けたい点

楽器可の物件とは具体的に指定がない時は基本的にアップライトピアノと考えたほうがいいようです。その他の楽器、ヴァイオリンや金管楽器やドラムなどは、不動産業者を通して大家さんに相談してもらうのがいいようです。楽器可といっても、思う存分音を出せる賃貸物件というのは少ないようです。防音になっているスタジオがある物件などもあるようですが、共用のスペースなので使用できる時間が限られていたり順番があるので、十分な使用ができるとは限りません。共用スペースはマナーを守らないとトラブルの原因になりますし、それによって退去しなければならなくなるような事態になりかねません。

完全防音の物件は普通の不動産会社では扱っていないこともあります。音大周辺には防音の物件が多いようです。しかし、それ以外の地域ではそういった物件は少なく非常に探しにくい現状があるので、防音物件に絞って探すならばネットが便利かもしれません。完全防音となると、割高になるので金銭的な余裕がないと難しいので、ルームメイトを探してルームシェアするのもいいかもしれません。ただ、演奏する時間を分けるなど工夫が必要なので、条件に合ったルームメイトを探すのもなかなか難しそうです。

楽器可物件というのは、度が過ぎる場合は問題ですが入居者のほとんどが楽器演奏をするので、基本的にはある程度」お互い様ということで騒音は許容されているようです。