楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸の楽器可物件を借りるための確認

賃貸の楽器可物件は、楽器を演奏したい人にはもってこいですね。楽器可物件といいましても、気をつけておかなければならないことがありますのでまとめてみました。借りる際は確認しておきましょう。まず時間を確認しましょう。これは24時間演奏可能かどうか、または何時から何時までなら演奏可能かどうかは後でトラブルにならないためにも最初に確認しておきましょう。

次にどの楽器も演奏して可能なのか確認しておきましょう。ピアノは演奏してもいいが、ドラムはだめだとか物件によってあります。音が低い楽器と音が高い楽器や、音が響く楽器と響かない楽器などで対応が違ってきます。基本的にはエレキギターやドラムや打楽器については、演奏の許可は下りないと思っておいた方がいいです。もちろん音量についてもそうですが、この辺りは事前に確認しておいた方がいいです。

エレキギターやドラムを演奏してはいけない物件で、エレキギターやドラムを演奏すると、契約違反で退去をさせられるかもしれません。退去となりますと、敷金や礼金や引越し費用がまた余計に掛かってきますので、そうならないためにも事前にしっかり確認しておくことと、決められているルールは守らないといけませんね。

■注目の情報