楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

バンドメンバーで賃貸マンションの一室を借りたのですが

趣味でバンドをやっています。四人組で私がギターで他はベース、ドラム、ボーカル&ギターです。一々ミーティングや演奏に集まるのは非効率ということで家賃をそれぞれ4等分にして賃貸マンションを借りることにしたのです。楽器の演奏の許可もされていたのでスタジオ意外にも練習場所が出来たことは演奏力の強化にも繋がるので丁度良かったです。意気揚々と引っ越してきた日の翌日から楽器を部屋に持ち込んで早速演奏を始めたのですが、演奏して少し時間が経った後に思いもよらぬ事態が引き起こったのです。それは苦情です。演奏がうるさくてかなわないという苦情が隣の部屋の方から言われてしまったのです。

賃貸マンションの規約には楽器演奏は可能と記載してあったので、防音管理もしっかりしていると感じていたのですが、4つの楽器を一緒に演奏すると1つの楽器の演奏の4倍もの音量となるために防音処理が不可能のとなるそうです。特にエレキギターはゴリゴリ鳴らすのでアコースティックギターやピアノの数倍の音量です。これでは近所迷惑になるので結局室内のバンドでの練習は禁止となったのです。そのために音が響くエレキギターは止めて、アコースティックギターを代わりに引くことでお隣の方と同意したので、これからも何とか演奏は続けられるようです。事前に楽器の種類や音の確認はしておいた方が良かったと後々思います。