楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸楽器可物件の注意点

楽器可防音賃貸物件には二人以上のファミリータイプ(家族向け防音賃貸)や単身者向け防音賃貸などタイプが分かれます。ご自身の世帯の人数、スタイルに応じて選ぶことができるでしょう。前者は2K、2DK、2LDK、3K、3DK、3LDKなど、後者は1R、1K、1DK、1LDKなどがあります。家賃としては前者が10万円から20万円までの幅があり、後者は10万円以下が多く、地域によっては5万円前後の物件も見つかることがあります。

防音賃貸の物件はバンドマンなどの音楽専門家から愛好家などの趣味の演奏に至るまで24時間楽器可能で音漏れなしをうたっています。ただし、完全防音とまではいきませんし、楽器可物件とはいっても、そのことを快く思っていない住民も中にはいるかもしれません。そこの居住者全員が音楽家であれば問題ないでしょうが、一般住民にとってたとえば一日中隣でピアノを弾かれ続けると厳しいかもしれません。演奏する場合に注意するポイントとしては時間を考える。朝早くから一日中というのではなく、常識的な時間から1〜2時間程度など。またギターなどを弾く場合にはアンプを通すことになるでしょうが、極力ボリュームを下げるなど工夫が必要です。