楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸の楽器可物件について

賃貸物件を選ぶ際に重視する条件はそれぞれのライフスタイルによって違いますが、楽器が好きな方に大人気なのが、楽器可物件といわれるアパートやマンションです。これはその名前のとおり、室内で楽器の演奏が認められている物件の事です。普通の物件ではなかなか難しい、ピアノやバイオリンなどの練習を思う存分行う事ができるため、大変な人気がある物件ですが、供給に対して入居を希望する方が多く、競争率が激しいのも特長です。そんな楽器可物件ですが、入居の際にはいくつか注意したい事があります。まず一番に、自分の演奏したい楽器が演奏可能なのかという点です。楽器可物件といっても、管楽器や打楽器など演奏が禁止されている楽器もあり、物件により条件は違います。また、演奏時間もそれぞれ決められていて、自分の演奏したい時間との調整も必要です。そして最も注意が必要なのは、防音設備です。楽器の演奏が認められている物件でも、全ての物件の防音設備が完備されているというわけでなく、防音設備の施されていない物件の方が多いためです。

その場合、当然近隣の方の演奏は大きく聞こえてきますので、演奏可能の時間内は、騒音で寝る事もできないという場合が多いようです。また、自分の演奏も近隣に聞こえてしまいます。入居後にこのような事態でのトラブルを避けるため、契約の際には条件をしっかりと確認する事が必要です。