楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器演奏する者が賃貸物件で演奏するには確認の必要な楽器可条件

楽器演奏したい者が楽器可賃貸物件を探して隣近所を意識せずに楽器演奏を始めた途端に周囲の居住者からクレームを申し立てられて往生することがあります。もちろん、楽器可物件となっている部屋について仲介業者通じて賃貸人と賃貸借契約を取り交わしているのでしょうが、だからと言って借りた部屋が防音や遮音の機能を備えていて、どんな楽器も24時間演奏して良いということではないかもしれないのです。最近は音に関する賃貸住まいのトラブルを避けるため、楽器防音物件や楽器遮音物件という表示も生まれているようですから、入居時に楽器可の詳細を賃貸人に確認すべきだったかもしれないのです。

しかしながら、既に、入居後であれば賃貸人との話し合いを行い、部屋の防音あるいは遮音の補強工事などをしてもらったり、深夜の周囲の寝静まった時間帯に演奏することを避けることが必要かもしれません。強引にクレームを無視して演奏することを続けると、周囲の住人との関係がこじれて住んでいられなくなり、折角見つけて入居しても再び楽器可物件を探す羽目になるでしょう。居住者として気を付けて演奏してもなおクレームが来るようであれば、楽器可の条件を認めた賃貸者に責任があるのですから、引越し費用を賃貸人に負担してもらって別の楽器可賃貸物件に転居するしかないでしょう。その場合には賃貸借契約前に楽器可の詳細を確認するようにしてください。

■注目の情報