楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸住宅と楽器可と防音遮断

考えてみればあたりまえのことですが、賃貸物件でも構造上や防音の対策上それが防音に役だっている度合いで、音の響きも違ってくくるので、楽器可とか楽器相談とか楽器遮音物件とかある場合には、その内容をよく理解してから入居するのが良いと思いますが、目安は家賃などや地域環境などで判断できる場合もあると思います。防音設備があるということは、その分建築時に余分の費用がかかったのですから、家賃もその分他よりは高めのはずです。それがまわりと同じということは、それほど違いはないということではないかと思います。弦楽器や金管楽器は難しく、神経質な人は住めない程度の物件だということになります。しかし普通の住宅よりも壁が厚かったり、二重のサッシになっていたりで、家賃に対してお値打ちの物件もあるというところがメリットかもしれません。

当然それなりの配慮があるので、楽器可とかの表示があるのでしょうが、過信しすぎて、楽器防音物件のような完璧さをイメージするのは当て外れかもしれません。そのような完璧な防音物件は、楽器防音物件を探すのが良いと思います。それらに表示の基準はありませんから、入居者が確認して納得して入居することが大切だと思います。また相談という場合には、できるだけ静かにお願いしますという程度ではないかと思いますが、これも相談してみるしかないと思います。

■注目の情報