楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

楽器可物件の賃貸住宅で使用できる楽器について

賃貸での楽器可物件の注意点について

賃貸で楽器可物件を探す人は大抵、楽器を演奏する人でしょう。確かに音楽は人の心を豊かにするものですが。しょっ中、流れていては耳触りに感じる人だっているんです。しかも、賃貸は集合住宅が多いですからね。楽器の演奏云々も周囲の理解が必要なわけです。楽器可物件は完全防音効果のある部屋だと思われがちですが。さすがにそんなことはありません。というか、そういう物件は非常に高額です。一般人ではなかなか、入居できる金額ではないでしょう。普通の賃貸でも楽器を演奏する人が大勢、住んでいるだけというとこもあるんです。なので、もし、選ぶとしたら構造から着目しましょう。建物によっては楽器の音が隣の部屋に伝わってしまうのもあるんです。やはり、鉄筋マンションなどはいくら、楽器可でも辞めておいた方がいいでしょう。構造ならRC造やSRC造を選んだ方が無難だと思います。やはり、隣とかに迷惑はかけたくありませんからね。

なので、楽器可物件の注意点は建物の構造なんです。他にも楽器によっては駄目な場合もあるんです。トランペットやサックス、ドラムなんてのはどうなんでしょう。私の場合、ピアノしかよく判らないんですが。その点はしっかり、不動産等で確認しておきましょう。

■注目の情報